プチ風水のススメ

12月 15, 2014

0

プチ風水のススメ

数年前、黄色い財布を持つと金運がアップするということで、猫も杓子も黄色い財布を持っていた時期がありましたね。あれ、どれほど効果があったんでしょうか。
最近は長財布がいいらしいですが、いや大金持ちほど二つ折りを使っているという話も聞きました。一体どんな財布を持てばいいんでしょうか…。

他にもいろいろありましたね。黄色や金色の紙を入れておくといいとか、小判型をした木の葉を入れておくといいとか、今思いつくだけでもこれくらいはすぐ出てきます。

インテリアでもいろいろあるみたいですね。
掃除をこまめにするといいとか、東側に黄色い絵を飾るとか、八角形の鏡を置くとか、玄関に鏡を置くとか、部屋に植物を置くといいとか…。

家相っていうのは昔からありましたが、これも風水に基づいているんですよね。鬼門に水回りを置かないとか、これもまたいろいろタブーがあるみたいです。

気にする人は大変気になさるようですが、あまり気にしすぎるとおかしな間取りになってしまって、住みにくい家になったら元も子もないと思うのですが、風水的に悪いことを気にする人には、そちらの方が大事なのかもしれません。

例えば先ほどの財布ですが、風水的にはくたびれた上等の財布より、安くても新しい綺麗な財布の方が運気がいいんだそうです。素人目に見ても、そっちの方がさっぱりして気持ちがいいですね。

インテリアにしても、掃除はしないよりした方がいいですし、玄関に鏡はあったら便利だし、絵を飾るなら暗い絵より明るい絵がいいし、部屋に観葉植物を置くと気分もリフレッシュできていいんじゃないかと思います。

鬼門に水回りがあるのは、やっぱり冬場は冷えて身体に良くはなさそうですし、一番いい方角は一番いい環境だから、家族にとって一番大事な部屋を置くといいんじゃないでしょうか。家相もあんまりがんじがらめになると、家なんか建てられません。どこかに矛盾が生じてしまいますから。完璧な家なんて、望んだって無理というものです。

何についてもそうですが、縛られ過ぎず、自分に都合のいいところだけかいつまんで取り入れればいいんじゃないかと思います。仕方ない部分は目を瞑るという心の余裕が、快適に付き合っていくコツですね。